『ただ泣きたくなるの / ソロギター渡辺香津美ver.』【TAB譜付】

こんにちは、講師の尾崎です🎸

久々に演奏動画をアップしました。
今回アップしたのは日本を代表するジャズギタリスト・渡辺香津美さんがある番組に出演された際、中山美穂さんの名曲「ただ泣きたくなるの」をソロギターアレンジで演奏されたモノです。その動画はコチラ→(https://youtu.be/afJywF-hjlk)2分50秒あたりからです。アーティキュレーション等を除いてハーモニーなんかは出来るだけ本物に近づけるよう忠実にコピーしたつもりですが…ご覧ください。

初めてこの元ネタの動画(https://youtu.be/afJywF-hjlk)を見たのは夜中布団の中でして、寝る前にギタリストの動画を色々とみていた時です。この番組にゲスト出演されていた中山美穂さんご本人も途中感極まって涙するシーンがあるのですが、実は僕もこの香津美さんの演奏で涙腺が崩壊してしまいまして、、居てもたってもいられず夜中にごそごそ起き出してギター片手にコピーを始めたワケです。なんと言いますか、やはりこれが琴線に触れると言うやつなんでしょうか。ギターの音色、アーティキュレーション、アレンジどれをとっても素晴らしい演奏で、じっとしていられなかったんですね。譜面はコチラ↓

ちなみにご本人の演奏は「世界中の誰よりきっと」へ繋がるアレンジになっているため最後のコードはA7を弾いてらっしゃるのですが、僕はこの曲だけで完結させるために最後のコードをAadd9に変更しています。

コード付けはひょっとしたら違う表記の仕方が良いものもあるかも知れません。
ソロギターといえば、やはり南澤さんのソロギターのしらべシリーズが有名ですね。その他アコースティックソロギター系のものは数多ありますが、ほとんどがやはり開放弦を有効に使うアレンジが多いと思います。ある時にはドロップDや変則チューニングで、ある時にはカポをしたり、僕自身がアレンジする時もそうですがギター的に弾きやすい開放弦を最大限に活かせるアレンジにしたいんですね。
でもこの香津美さんアレンジ、開放弦が少ないアレンジになっています。後半のサビでは12fあたりのハイポジションまで使ったりと、コードの押さえ方はジャズで使用するようなボイシングになっていますね。
僕が弾いていて難しいと感じたのは1ページ目最下段の2〜3小節目あたりでしょうか。まず2小節目のA/C#ですが、2弦解放がありますから正確にはAadd9/C#となりますね。人差し指で押さえた4、3弦から更に2、1弦の解放とこれを16分音符で上がってすぐ8分音符で降って来るんですね。ここは開放弦に人差し指が触れないように注意しないといけませんし、となると人差し指をかなり逆に反らせる必要があります。そんなに反らないのであれば押さえるタイミングを弾く弦によって変えなければいけませんね。僕は目一杯反らせた上で、少し押さえるタイミングも変えています。しかも、その後には細かいコードチェンジが続いて来ます。サビ直前のこの辺りが正念場ですかね。その一つ上の段の最後のA9もローコードで普通のA7にすれば簡単なんでしょうが、テンションコードに拘るあたりはやはりジャズギタリストの性なのでしょうか。
あとサビのあたりはハイポジションでの窮屈なボイシングが続きます。こう言うプレイがあるので、やはり鉄弦のアコースティックギターよりガットギターを使った方が弾きやすいと思われます。

とても素直なコード付けで聴こえはシンプルなのですが、弾いてみるとこの2分足らずの演奏がなかなか大変です。香津美さんは要所要所でスピードを上げたり落としたり、強く弾いたり弱く弾いたりと絶妙なアーティキュレーションで弾ききってらっしゃいますが、僕は基本的にややゆっくり目のインテンポでベタ弾きしています。めちゃくちゃ難しいワケではない筈なのですが、最後まで弾ききるのは思ったより大変でしたね。。

渡辺香津美さんや中山美穂さんのファンの方、そうでない方も是非挑戦してみて下さい。