ハンドメイドのヘッドレスギター「Nakagen-NOH」が完成しました

大阪・昭和町にあるギター工房「中川弦楽器製作所」で今年初め頃から構想〜製作に取り掛かってもらっていたボクのNewギター「Nakagen-NOH」が先月8/8ついに完成しました。

ライブやレッスンでは、ひと月程使ってきたので目にされた方も結構いらっしゃいますが、あれこれあってブログ記事を書くのが今になってしまいました。。

img_20160122_181336中川弦楽器製作所の製作者である中川浩佑くんとは、もうかれこれ15年以上前、彼がイギリスへギター製作の修行に行く前からの友人です。彼はもともとベーシストとしても活動しており、ギター製作以外にオブジェ等アート作品なども手掛けていて、アーティストとしてのセンスに満ち溢れ、その上とても穏やかで優しい人柄のギター職人なのです。

img_20160609_144926さて、そんな彼に今年初めの某日「ヘッドレスでありながら『木』を感じるギターらしいギターを作って欲しい」という事だけを電話で伝えました。そして、その数日後には早速彼の工房で会ってミーティング、その日の晩にはデザインを送ってくれました。そのデザインの時点で、もうすでにボクのイメージをはるかに超える素晴らしいデザインに仕上がっていました。そして間もなくその話しを、別のヘッドレスギターを所有するボクの元生徒でライブや講師でも活躍中の友人ギタリストの大西くんに話ししたところ、彼も是非一緒に作りたいという流れになり、その後3人で幾度となくミーティングしながら今回のギター完成に至ったワケです。ちなみに大西くんのギターも完成間近というところです。

さてさて、出来上がったギターですが、「Nakagen-NOH」というモデル名が冠され、中川くんのブランド「Nakagen」のカスタムモデルとなりました。今回ボクと大西くんが作ったギターは、ボディ色とピックアップとフィンガーボード以外はほぼ同じスペックで、簡単に言うとホロウ構造でアーチトップのヘッドレスギターとなっています。Nakagenでは今後ソリッドやフラットトップ等色んなバージョンを作っていくようです。同じような仕様でCarvin製のアランホールズワースモデルがあるのですが、NOHの方がボディが少し大きめで厚みがありfホールも空いていて、音も含めかなりアコースティック感のある仕上がりになっています。以下、スペックです。

img_20160808_224027model : Nakagen-NOH
Scale length : 25.5 inch
Body : Honduras Mahogany base
Birds eye maple topNeck : Honduras Mahogany
Finger board : Jacaranda
Finger rest : Ebony
Fret : Jim dunlop #6100 jumbo
Truss rod : βTitanium rod + channel
Headless parts : J-custom bridge + head parts
Neck pu : Seymour Duncan ‘59 model
Bridge pu : Seymour Duncan JB model

14124930_751386548332411_4198085987791073991_oやはりコンパクトなボディに厚みのあるホロウボディが特徴です、ネックのスケールもストラト等と同じ25.5インチです。音は予想以上に太く、ラウンド弦を張っていてもクリーントーンはストレートなジャズ等でも問題ないと思います。ライブでも結構使いましたが、胴が深い割に歪ませてもハウリングはありませんし、サスティーンやエフェクト乗りも素晴らしいです。フロントPUはタップスイッチでシングルになるのですが、ブルース等でも相当使えそうです。ヘッドレスのシステムはJ-CUSTOMというCavinやスタインバーガーでも採用されているユニットなんですが、これにはなんとピエゾPUが標準装備されており、それも一応ブリッジ横のタップでPUの切り替えが可能です。使う機会はあまりないかもしれませんが、これが意外と良い感じのアコースティックサウンドなのです。それに、やはりコンパクト・軽量なので機動性は抜群です。ただ、ケースはなかなか丁度良い大きさのものが少ないのですが、たまたま持っていたTraveler Guitarのアコギ用(http://www.travelerguitar.com/gear/gig-bags/item/gig-bag-ag-gtr)のものがぴったりでした。

img_20160828_171229このギターの最大の特徴とも言えるのが、その綺麗な作り。
中川くんのギターへの愛情や、丁寧で細やかな作業具合が伺えます。

これから色んな場面でどんどん使っていきたいと思っています。
中川くん、素晴らしい相方をありがとう!
これから長く大切に使わせていただきます。

【お問い合わせ】
中川弦楽器製作所
〒545-0021img_20160905_100622

大阪府大阪市阿倍野区阪南町3-32-30
Tel+Fax   06-7493-3039
Website   http://nakagen.info
※右の写真はボクのギターが完成した直後のタイミングで放送された関西テレビ「よーいドン!」に出演し、月亭八光さんから見事「となりの人間国宝」に認定された中川くんです。

広告

コメントは停止中です。